「離婚しようよ」早くもNetflixで話題に!実際に観た感想は?

※本記事は、プロモーションを含みます。

2023年6月22日にNetflixで全世界独占配信された「離婚しようよ」は、TBSとNetflixのコラボ作品第3弾として話題の作品です。

本作品の目玉は、宮藤官九郎さんと大石静さんが交代で執筆された脚本にあると言えるでしょう。

本記事ではそんな「離婚しようよ」について、筆者の感想を交えながらキャストや主題歌などの作品情報をまとめていきます。

まだ観ていない方も参考にしていただけるように、ほぼネタバレなしで書いています。

離婚がテーマなのか、不倫や恋愛がテーマなのか…はたまた選挙促進番組、愛媛のプロモーションなのか、日本の未来に向けてのメッセージなのか…

観終わった筆者は、ニヤニヤしながらもモヤモヤしています。

初めまして!筆者のたっくんです。

韓国好き歴3年の韓国初心者男子。NETFLIXを中心に観た韓国ドラマは
3年で50作品650本以上。

もちろん日本のドラマも観ます。<筆者の韓ドラ記録はコチラ>

基本情報

タイトル(韓国語)離婚しようよ(이혼 좀 합시다)
公開日2023年6月22日
制作TBSスパークル
監督金子文紀、福田亮介、坂上卓哉
脚本宮藤官九郎、大石静
主演松坂桃李、仲里依紗
話数全9話(1話:約60分)
主題歌Rin音 feat. asmi

あらすじ

大臣の息子として愛媛の地盤を受け継いだ新人議員である夫の東海林大志(松坂桃李)とお嫁にしたい女優ナンバーワンの大人気女優である妻の黒澤ゆい(仲里依紗)は結婚5年目の冷め切った夫婦。

お互いが弁護士をたて離婚に向かっていく中、彼らに関わる周りの人たちの利害関係によって思うように話が進まずにさまざまな問題が勃発する。

「離婚」という夫婦2人の共通目標。

さまざまな困難を乗り越えながら、一致団結して離婚というゴールに向かった先に何があるのか。

「離婚」という題材ながらも、クセの強いキャストが難題脚本を見事に演じる笑って泣けるドタバタコメディ。

キャスト

※()は役名

松坂桃李(東海林大志):女にだらしない新人の三世議員(自由平和党)

仲里依紗(黒澤ゆい):「巫女ちゃん」で再ブレイクした国民的女優

錦戸亮(加納恭二):死んだように生きる男、パチアーティスト?

織田梨沙(三俣桜子):大志の不倫相手、元局アナのフリーアナウンサー

板谷由夏(印田薫):大志の離婚担当弁護士

古田新太(石原ヘンリーK):ゆいの離婚担当弁護士

山本耕史(想田豪):大志のライバル議員、改革の会党首

矢沢心:想田豪の嫁。

竹下景子(峰子):大志の母。

尾身としのり(早乙女):先代から仕えてきた大志の秘書

高島礼子(佐藤富恵):ゆいの母、バツはひとつもついていないが7人の子をもつ

少路勇介(笹井):通称さっさ、ゆいのマネージャー

池田成志(阿久根透):ゆいの事務所社長

高岸宏行:大志の同級生?

神尾楓珠:劇中ドラマ「愛とか恋とかおいといて君の雑炊が食べたい」でゆいの相手役

前原滉:衆議院選の候補者

主題歌

「結婚しようよ」の主題歌は、Rin音 feat. asmの新曲である2曲です。

  • Good Bye
  • Fruits

Good Bye feat.asmi

POPな曲調で本作品を盛り上げる一曲。

ドラマを全部観てから聞くと、なんだかほっこりしながらも涙が出てくるのは筆者だけでしょうか…。

Fruits feat. asmi

しんみりと聴きたくなる切ないメロディーである一曲。

2人の声とメロディーが心に染み渡る。

面白いポイント

筆者が思う面白いと思ったポイントがこちら。

  • 松坂桃李と仲里依紗、主演2人の掛け合い
  • 脚本のワードセンス
  • 安心感のある脇を固めるキャスト陣

松坂桃李と仲里依紗、主演2人の掛け合い

冷め切ってはいるものの、夫婦ふたりの息ぴったりのやり取りが観ていて気持ちいいし面白い。

時には暴言を吐きながら、時には心の声に寄り添いながら芝居を作っていく。

脚本家の無茶なセリフにも、前段階からうまく作り上げていき違和感なく成り立たせる素晴らしさを感じました。

2人を見ていてすごく相性とバランスがいい(役を演じ切ったからなのだろうか…)。

脚本のワードセンス

「結婚しようよ」の脚本を担当したのは、宮藤官九郎さんと大石静さん。

クドカンの愛称で知られる宮藤官九郎さんは、池袋ウエストゲートパークや朝ドラのあまちゃんなど多くのドラマだけでなく映画や舞台も手がけている。

一方の大石静さんはラブストーリーの名手とも呼ばれ、これまで数々の脚本を執筆してきた。

本作品はそんな2人の脚本家による合作ならではのコメディー×ラブストーリーである。

脚本家が数名いる場合は話数ごとに交代するのが通常だが、今回は話数関係なく交換日記のように書き進めたとのこと。

「クドカンのセリフっぽい、ここは大石静さんがかいたセリフだ」と考えながら見るのも面白いのではないだろうか。

出てくるセリフや劇中作品のタイトルも実に面白い。

作品全体に散りばめられたさまざまなパロディー、必要以上に交わし合うワードの数々。

フッと笑い、ついつい突っ込んじゃう面白い仕上がりとなっている。

「決意したなら袋で閉じるな!」がお気に入り

安心感のある脇を固めるキャスト陣

主役周りのキャストもとても豪華。

コメディーということもあり、その中に芸人の方々もちらほらと…。

東海林家の人たちもゆいの事務所関係の人たちも、弁護士の2人も惹かれた相手もどのキャストのシーンをとっても見応えのある大切なシーンばかり。

周りのキャスト陣も「この俳優さんじゃないとできないよな」と思わせられます。

面白くないと思う理由

口コミを見てみると「結婚しようよ」は面白くないとの声も。

好き嫌いは人それぞれではありますが、次のような理由もあるのではないでしょうか。

  • 普段あまりドラマをみない
  • 話題と期待しすぎている

普段あまりドラマをみない

普段からあまりドラマに馴染みのない方には、面白さが半減してしまうのではと感じます。

例えば本作品には古田新太さんが出演されていますが、古田新太さんのコメディー感を知っているからこそより面白くなる。

また作中には多くのパロディーが登場します。

そのパロディーに気づけるかどうかも作品を楽しめることに関わってくるのではないかと感じました。

話題だからと期待しすぎている

期待しすぎて観るのもおすすめしません。

「Netflixに加入しているからついでに観る」くらいのスタンスで視聴するのがいいのかなと思います。

めちゃくちゃ面白いからNetflixに入って絶対にみて!と勢いよく言えるくらいまで興奮はできませんでした。

筆者の感想

この記事を書きながら公式のYouTubeに上がっている名場面を見ていると、もう一度観たいなって思ってきています。

正直いうと少し物足りなさが残った本作品。

コメディー感が強くも、最後はしっかりと伝えるべきことを前面に伝えてくる。

全てを観たからこそ心に響いてくる最終回ではありますが、前半はコメディー要素全開で少しごちゃごちゃしていて観ていて退屈に感じるところもありました。

後半は夫婦たちの魅力にどんどん引き込まれる形で、いろいろ考えさせられるドラマだったなとフィニッシュ。

世界配信と思うと、少し違うような気がするのは筆者だけだろうか…。

パロディーの面白さ、日本語の面白さがあってこその本作品。

翻訳した時にどのような仕上がりになるのかは気になるところ。

もっぱら韓国ドラマばかり観る筆者ですが、日本のドラマも捨てたもんじゃないと思いたい。

Netflix独占配信のドラマ「離婚しようよ」は離婚ドラマであり不倫ドラマであり、若者に向けた選挙の魅力発信ドラマであり愛媛のPRでもあると感じる。

はたまた、日本の政治への投石なのか。

観る人の価値観によって感じ方は違うかな。

みなさんはどのように感じましたか?

まとめ

本記事はNetflix全世界独占配信ドラマ「離婚しようよ」について、あらすじからおすすめポイントまで詳しくまとめていきました。

まだ観ていない方は、気になり始めたのではないでしょうか。

ドラマを観ての感想は人それぞれです。

筆者の感想も、いち視聴者としての主観的な感想のひとつにすぎません。

Netflix限定なので加入者しか視聴はできないですが、ぜひこの機会に入ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ動画配信サービス

Androidの方はこちら

無料トライアル実施中

iPhoneの方はこちら

無料トライアル実施中

Androidの方はこちら

月額980円で8万本見放題

iPhoneの方はこちら

月額980円で8万本見放題

バウム

初めまして。バウムです。 韓国好き歴3年の韓国初心者男子。 NETFLIXを中心に 観た韓国ドラマは3年で60作品650本以上 日本×韓国の気ままな雑記ブログです。